n.likoでは主に革、綿、麻、木などの自然から生まれた素材を使い、

シンプルで可愛らしいコモノを製作しています。

また末永くお使い頂けますようお修理も承っております。

 

自然から生まれたモノ達で、

皆様にも優しい気持ちになって頂けます様にと

願いを込めてお届けいたします。

 

 

n.likoのこだわり

自然から生まれた素材は、手に馴染みそして温かみがあります。

そんな温かみが好きで、

自然素材にこだわり、目で見て、手で触って、

自分の直感やひらめきを大切にしながらいつも製作をしています。

 

創り出すものは、できるだけ自分の手の力で作ることを心掛けています。

そのおかげで手から生まれた温かみを知ることができました。

時間はかかるけれど、自分の力で創り出すと温かなラインになり私色に染まる。

そして、一つ一つの素材が重なり合うと素敵なモノが生まれる。

 

小さな手から生まれたモノ達が、

また新しい形で皆様の元で生きていけるように、

命の温かみを感じ、

毎日を楽しく生きていけるようなモノヅクリを

これからも続けていきたいと思います。

 

 

n.likoの由来

「n.」はnorikoの「n」

「liko」はハワイ語で「若葉」

若葉のようにパッと開いた小さなひらめきと、

自然から生まれた素材が重なり合うことで、

温かな優しい「モノ」となる。

 

自然から生まれた温かみ優しさを

伝えれるようなモノヅクリを続けていきたいと思い、

「n.liko」と名付けました。

 

自己紹介

藤田 能理子 (Noriko Fujita)

 

1979年大阪生まれ大阪育ち。

高校生の時、モノヅクリに興味を持ち、

そして医療関係の仕事に就きたいと思った私。

そんなことから歯科技工士になりました。

現在は歯科技工士のお仕事からは離れてしまいましたが、

大阪市大正区の『大正共同作業所』にて、

生活支援員として働きながら製作活動をしています。

 

少しのんびりしている私。

ちょっとつまずいたり、へこんだり、元気になったり、

今まで自分の好きを求め、

いつも探し物をしているかのように生きてきました。

 

時間はかかってしまったけれど、

今は木や革に出会い、

モノを創り出す楽しさを知り、

毎日楽しい日々を過ごしています。

 

そしてこれからも、

たくさんの方々に喜んでもらえるモノヅクリができるよう、

一歩一歩ゆっくりではありますが、

n.likoと共に人生を進んでいきたいと思います。